良いウエットスーツの選び方についてご紹介いたします。


HOME > ウエットスーツについて > 良いウエットスーツの選び方

良いウエットスーツの選び方

ウエットスーツは、それぞれの使用環境により、最適なスーツが異なります。
状況に応じてベストなウエットスーツを選ぶにはどうしたらよいのか。
こちらでは、良いウエットスーツを選ぶために、どういったことに注意して選べばいいのかをご紹介いたします。

生地の継ぎ目(ステッチ部分)がしっかりと裁縫されているか

生地の継ぎ目(ステッチ部分)がしっかりと裁縫されているか濡れたウエットスーツを脱ぐ際や、動きの多いスポーツをする際には、生地の継ぎ目に負担がかかります。そのため、ステッチ部分が弱いウエットスーツは、生地が剥がれやすく長持ちしないことがよくあります。縫い始めと縫い終わりのステッチ(縫い目)の状態をよく確認し、購入するように心がけましょう。
当店が販売しているウエットスーツは、大量生産ではなく職人ひとりひとりの手による、責任を持った生産を心がけておりますので、ご安心してご購入いただけます。

体のサイズに合っているか

体のサイズに合っているか最高級の生地を使用していても、そのスーツが体に合っていなければ意味がありません。どんなに標準的な体形の方でも人の体はひとりひとり微妙に異なります。長さは合っていても、きつさやゆるさが生まれます。当店では、約30カ所におよぶ採寸データに基づき、体にぴったりのオーダースーツを作る技術と経験を持った一流の職人が1着1着丁寧に作り上げていきます。

マリンスポーツの種類や季節に合わせた生地の選定

マリンスポーツの種類や季節に合わせた生地の選定サーフィンは水上、ダイビングは水中のスポーツです。実はその違いで、使用する生地は全く異なります。
カッティングが同じでは、サーフィンとダイビングの両方で使用することはできません。生地の厚み、素材など厳選されたものから自由に選び、デザインもさるながらカラーも豊富でギアーに合わせたりと自分の目的に合った自分だけのオーダースーツが完成します。

こだわりをもって製作しているか

こだわりをもって製作しているか製図、裁断、貼り、縫製、仕上げまで、全ての工程において一着入魂の精神で職人がスーツを仕立てます。
危険予測ではありませんが、使い続けているうち力がかかる部位には補強が必要であったり、すれて傷みやすいパーツには生地を変えるなど、スーツ1着のなかには、様々な工夫が施されています。安いだけのスーツではなく良い素材を使い、丹精込めたスーツをお届けさせていただき、皆様に喜んでいただけるよう、日々努めております。

万全の製造体制とサポート力でマリンスポーツを応援します!

製造をおこなう工房と販売が同じなので、万一修理が必要になってもスピーディーに対応いたします。サイズ調整・パーツ交換・リペアなどはもちろん、他社のものでも親切、丁寧にご相談に応じております。

お気軽にお問い合わせください

PAGETOP▲


激安オーダーメードウエットスーツ製造販売のD-net21 HOME サイトマップ お客様の声 よくあるご質問 採寸セット お問い合わせ オーダー用紙